冷や汁を食べて元気に過ごそう!

毎日蒸し暑い日が続いています。この梅雨も明けたらいよいよ夏本番ですね!

今日はそんな暑い夏にピッタリな「冷や汁」についてです!
ところで、皆さんは冷や汁を食べたことがありますか?

 


宮崎県では鎌倉時代から食べられている健康メニューだそうですよ。

今でも冷や汁定食のメニューがあるお店もありますし、夏の暑さも厳しいので、冷や汁といえば宮崎!と言われるのもうなづけますね。

宮崎以外でも、地域によって具材が異なったり、名を変えて残っているものもあるそうです。また家庭によっても作り方もさまざまです。


宮崎の冷や汁の基本は、
・いりこや魚のすり身
・炙った味噌
・すりごま
・豆腐
・きゅうり
・青じそ
と言った具材をだし汁とともに麦飯にかけたものになります。
具材を見てみても栄養がしっかり取れそうですね!


実は山口県出身の私も、過去に冷や汁を食べた思い出があります。
中学生の夏休みに部活動の後、夏バテをしてしまい、食欲減衰してしまった私に母が作ってくれた冷や汁が、冷たくて、だしの味がやさしく、豆腐や魚のすり身といった柔らかい具材があり、とても美味しくて食べやすさを感じました。

 

冷や汁は夏バテの体にもやさしい食べ物の一品なのでは?と思います。


この夏は冷や汁を食べて元気に過ごしましょう〜!!