土用の丑の日

こんにちは!今日は土用の丑の日ですね。

皆さんは、土用の丑の日とは何か知っていますか?うなぎを食べることは知っているけど・・・という人が多いのではないでしょうか。

 

もともと古代中国の陰陽五行説では、万物は「木・火・土・金・水」の5種類の元素に成り立つという思想があり、五行を春夏秋冬の四季それぞれに割り当てていました。

しかし、春を木、夏を火、秋を金、冬を水として割り当てると、陰陽五行説の土がどこにも分類されないことになります。ここで登場したのが土用です。季節の変わり目である立春、立夏、立秋、立冬の前18日間に土をあてはめました。

この土用の期間は神様が土の中を支配すると言われていて、園芸作業や草むしりなど、土を掘り返してはいけないとされているそうです。

 

 

また、昔の暦では十二支で日にちを数えていました。丑年が12年周期で回っていくるのと同様に丑の日も12日ごとに回ってきます。

したがって土用の期間の丑の日は年に数回あります。

それではなぜ、土用の丑の日にうなぎを食べる習慣があるのでしょう。

そもそもうなぎの旬は秋から冬、こってりとした味付けのうなぎは夏には売れなかったそうです。そこでうなぎ屋は当時影響力を持っていた平賀源内に相談し、土用の丑の日にはうなぎを食べるのが縁起がいいとされました。ただ、うなぎは夏バテ防止効果があるとされ、季節の変わり目にはうなぎは絶大な効果を見せるらしいですよ!